NEWS

一覧を見る

Chemical Analyzer

化学物質毒性評価システム

#毒性予測 #GHS分類 #SDS作成 #機械学習

☆☆ 無料トライアル実施中 ☆☆

 

ViridisChem社が提供する Chemical Analyzer は、年間契約で提供される強力なウェブベースのソフトウェアです。同社の包括的な実験データリポジトリと毒性データベースを利用し、リアルタイムの毒性予測を採用することにより、あらゆる化学物質の化学的・毒性的な情報を提供します。視覚的に化学物質の毒性影響(環境・安全衛生のスコア)を示すことで、非毒性学者(化学者やエンジニア)が環境に優しい意思決定を行うことを支援します。

Chemical Analyzerについて

主な特徴

  • 新薬ターゲットや自社/プロプライエタリ化学物質のリアルタイム毒性予測
  • 50を超えるエンドポイントによる包括的な毒性評価
  • 環境・健康・安全性(EHS)のスコアを視覚的に表示し、化学物質間の比較を迅速に行うことが可能
  • 官能基、化学分類、特性値に基づいて毒性の低い代替品を選択するための多基準・高度検索

 

解析画面

 

対象となる化学物質の特性や毒性の基本情報が表示され、代替となる化学物質との比較評価結果がレーダーチャート形式や棒グラフ形式で表示されます。最大5種類の化学物質を並べて比較することが可能です。

 

 

主な用途

  • 創薬探索
    高リスク薬物ターゲットを排除し、毒性の少ない誘導体を特定し無駄な研究開発を回避
  • プロセス開発
    有毒な原材料を避け、有毒廃棄物の発生を最小限に抑え、開発後期の変更を回避
  • 法規制・安全性対応
    法規制の順守、化学物質の取り扱いに関する注意事項の確認
  • SDSの作成・調査
    GHS分類に基づく、危険有害性分類などの調査業務

 

ViridisChem の基盤技術/プラットフォーム

  • 世界最大の毒性データベース(9千万超の化学物質と24億の特性値)と大量の実験データを保有
  • 新薬ターゲットを含むあらゆる化学物質を網羅したリアルタイムの毒性予測
  • 包括的な毒物エンドポイントをカバーし、環境・健康・安全性のスコアをわかりやすいグラフ形式で表示
  • 洗練されたリードアクロス (※1) 、および、機械学習技術に基づいた正確な毒性予測
  • ほとんどの規制リストをカバーした、ワールドワイドな規制コンプライアンス情報

 

(※1) リードアクロス
類似物質の構造、メカニズム的、生物学的および毒性の類似性により、目標物質の活性を予測する技術

 

※記載の商品名等は各社の登録商標、または商品の場合があります。

インフォコムグループサイト
COPYRIGHT©INFOCOM CORPORATION ALL rihgts Reserved.