NEWS

一覧を見る

DIDB

薬物相互作用データベース

#データベース #薬物相互作用 #薬理 #DDI

DIDB(Drug Interaction Database)は、ワシントン大学薬学部のRene.H.Levy教授監修により、薬物相互作用プログラムプロジェクトとして開発されたデータベースで、1966年から現在までに公表されたヒトでの薬物相互作用に関する論文からの情報をもとに構築されています。

DIDBには、薬物の代謝・トランスポートに関する情報やファーマコキネティクス(PK)データだけではなく、ファーマコゲノミクス(PGx)データも搭載されています。そして、このような薬物相互作用に関する様々な情報から必要なデータを客観的かつ効率よく収集できるように、様々なクエリが用意されています。製薬企業はもとより、医療機関や教育機関など、幅広い分野での活用が可能で、米国FDAでも利用されています。

また、薬理遺伝学データやQT情報などのデータも搭載されており、DI及びDDIの研究に有用なデータベースです。

DIDBはWebを介してDIDBサーバーへアクセスし、検索や閲覧を行うシステムです。そのため、データベースは随時更新されています。

2週間のトライアル利用も可能です。(別途お問い合わせください)

DIDBについて

主な特徴

  • 2万報以上の論文情報 (ヒトに特化)
  • New Drug Applications (NDA/BLAs) : 450件
  • 搭載データは随時更新
  • Webブラウザからワシントン大学のサーバーへアクセスし、データを検索・抽出
  • Excel・CSVで結果をダウンロード可能
  • Regulatory guidances等の情報も掲載
  • ※2021/4/1 現在

 

検索の種類(サブクエリを含め70種類以上)

  • Drug queries : 薬物名(一般名)による検索
  • Therapeutic class queries : 薬効分類名による検索
  • Enzyme queries : 酵素名による検索
  • Transporter queries : トランスポーター名による検索
  • In vitro induction queries : 核内レセプターの検索
  • In vitro parameter queries : KM・Vmax、Ki、IC50、KI・Kinactなどの検索
  • AUC-CL change queries : AUC、CL変化率の検索
  • FDA marker queries : FDA推奨のsubstrateの阻害剤
  • Pharmacokinetic queries : PKパラメータの検索
  • Hepatic and renal impairment queries : HI/RIに関するPKパラメータの検索
  • Pharmacogenetics queries : 薬理遺伝学情報の検索
  • QT interval queries : QT間隔情報がまとめられたページ
  • Other queries : 副作用、PD等からの検索
  • Citation queries : Accession Number、ジャーナル名、著者名等からの検索

 

検索例

1.[Drug Queries]をクリックします。Drug Queriesセクションが表示されます。

 

2.「Find all citations with Objects」 ボックスに、化合物名の一部 (例えばrosi) を入力します。下に絞り込まれた化合物名リストが表示されるので、その中から [rosiglitazone] を選択(クリック)し、[Submit]ボタンをクリックします。

 

3.検索結果が表示され、+をクリックするとフォルダが開き、下の階層が表示されます。

 

4.Accession Number (水色文字) をマウスで左クリックし、Citation detailsをクリックします。

5.論文の内容が表示されます。

 

稼働環境

Webブラウザ:Microsoft Internet Explorer 11、Chrome、Firefox、Edge(Chromium版)、Safari(Windows版は対象外)

※IE11のサポートは、Microsoft365のサポートに従います。
・2021年8月17日:IE11のサポート終了予定
 

※記載の商品名等は各社の登録商標、または商品の場合があります。

インフォコムグループサイト
COPYRIGHT©INFOCOM CORPORATION ALL rihgts Reserved.